精神科
心療内科

〒700-0065 岡山市北区野殿東町1-35
MAK岡山クリニックモール2階

お問い合せ:086-252-7800

岡山市北区の心療内科・精神科|ADHD・自律神経失調症・統合失調症・うつ病

トップページ院長紹介院内紹介交通案内お問い合わせ

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

 

こころの病気

トップページ»  こころの病気

うつ病・うつ状態

  • 気分が落ち込む
  • 眠れない
  • イライラする
  • やる気が出ない
  • 眠り過ぎる
  • 何もかも放り出したい
  • 食欲がない
  • 楽しくない
  • 食欲があり過ぎる
  • 何にも興味が湧かない

など

 

うつ病、うつ状態の治療では、症状を改善するのに、お薬の服用が役に立つことが多いです。
それに加えて、休養を十分にとることと規則正しい生活を送ることが大切です。
更に、生活環境を調整したり、うつにつながりやすい考え方の癖を修正したりすることで再発予防に役立ちます。

躁病・躁状態

  • 気分が高揚している
  • 眠らなくても平気
  • 落ち着きがない
  • 怒りっぽい
  • しゃべり続ける
  • 金遣いが荒い(衝動買い)

など

 

躁状態では、気分が高揚して活動的で、睡眠もとらずに動き回っていることが多いので、頭も身体も疲れてしまっていることがほとんどです。
お薬を服用して、気持ちを静め、心身の休養をとることが必要になります。

不安障害

  • 不安
  • 震える
  • そわそわ落ち着かない
  • ふらつく
  • 将来への心配
  • 頻脈
  • 緊張する
  • めまい

など

 

不安やそれに伴う自律神経失調症状には、安定剤などのお薬が役に立つことが多いです。
不安を完全になくすことは不可能ですが、多少の不安はありながらも普段通りの生活が送れることを目指します。

パニック障害

  • パニック発作(突然、動悸、胸痛、窒息感、めまいなどが出現し恐怖を感じる発作)を繰り返す
  • 発作を繰り返すことへの不安

など

パニック障害の治療では、お薬によってパニック発作を抑制し、不安を軽減しながら、発作や不安のために狭まってしまっている生活行動範囲を回復していきます。不安のコントロールには、環境調整や自律訓練法、認知行動療法なども有益です。

強迫性障害

  • 打ち消そうとしても繰り返し同じ考えが頭に浮かぶ
  • 些細なことがとても気になる
  • 同じ行動を繰り返す
  • 汚れた気がして何度も手を洗う
  • 何度も確認する

など

この病気は、本人もつらいし、場合によっては家族をも巻き込むことがあるので、
まず、病気であることをきちんと理解し、服薬して症状を和らげることが必要であると思います。
気になることや不安を軽減して、手洗いや確認などの行動を減らしていきます。
認知行動療法なども役に立つと思います。

不眠症

  • 寝つきが悪い
  • 途中で目が覚める
  • 朝早く目が覚める
  • 熟睡感がない
 

など

まずは、生活習慣を見直し、睡眠を妨げている要因はないかを考えて改善を図ります。
それでも上手くいかないなら、お薬を使って、睡眠リズムを整え、リズムができてから徐々に薬をやめていく方法を考えます。

自律神経失調症

  • 動悸
  • 震え
  • イライラする
  • 下痢
  • 発汗
  • 頭痛
  • 過呼吸
  • 頻尿
  • ほてり
  • 腹痛
  • 微熱
  • しびれ
  • 吐き気

など

 

検査をしても原因が見つからない様々な症状は、自律神経のバランスの乱れによって起こっている可能性があります。
生活を見直したり、環境の調整が必要になるかもしれません。場合によってはお薬が助けになるかも知れません。

 

適応障害

  • 抑うつ気分
  • 不安
  • 心配
  • イライラ
 

など

ストレスの多い生活上の出来事などの影響で様々な症状が起こってきます。症状に応じた対応が必要になってきます。

 

自閉症・アスペルガー症候群

  • 対人関係が苦手
  • 興味のあることが
    はっきりしている
  • コミュニケーションが
    上手くいかない
  • こだわりが強い
  • 相手の気持ちがわからない

など

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)

  • 落ち着きがない
  • 衝動的な行動
  • 動き回る
  • 物が片付けられない
  • 集中力がない
  • 物をよく失くす
  • 注意が散漫(気が散る)
  • 物をよく壊す

など

 

統合失調症

  • 誰もいないのに声が聞こえる
  • 集中力が落ちる
  • 喜怒哀楽が乏しい
  • 思い込みが強い
  • おびえている
  • 閉じこもりがち
  • 疑い深い
  • 独り言
  • 言動が混乱している
  • 意欲が出ない

など

 

この病気の症状は、脳の神経伝達物質のバランスの乱れが引き起こしていると考えられているので、お薬の服用が必要です。

 

アルコール依存症

  • アルコールがやめられない
  • 飲んだ時の記憶が無い
  • 飲酒しての問題行動
  • 隠れ飲み
  • 禁断症状(震え、発汗、ソワソワ、幻覚、不眠など)

など

認知症

  • 物忘れ
  • 人物が分からない
  • 憶えられない
  • できていたことができなくなった
  • 場所が分からない
  • 徘徊
  • 日時が分からない
  • 怒りっぽい

など

 

不登校

  • 学校に行けない
  • 友人関係の悩み

など

 
ページトップ